なぜコンタクトを買うのに処方箋が必要なのか?

Jコンタクトでは、以下の理由により処方箋(指示書)のご提示をお願いしております。

理由①間違ったデータのレンズを自己判断で使用するのを避けるため

  • コンタクトレンズのデータが適切かどうか、使用者自身では判断が難しいと言えます。人間の視力は成長期以外でも変動しており、生活環境も多様で度数一つ決めるにしても専門家の慎重な検討が必要です。
    また、度数が同じレンズでもベースカーブ、レンズ材質の違いによって目の上で違う動きをします。
    医師に目の上でのレンズの動きを確認してもらい、適切なデータを決める必要があります。

理由②適切なブランド選択をするため

  • コンタクトレンズには様々なブランドがあり、宣伝文句やネットに記された他の使用者のレビューだけでは自分の目に本当に合ったブランド選択は難しいものです。実際に目の状態を眼科医師に見てもらい、検査技師の説明を聞きながら実際にいくつかのレンズを試着してみないと正しいブランド選択はできません。
    使用中のレンズが合わないという方でも、医師から新しいブランドの情報提供をしてもらうことで、適切なレンズ選択の手助けになります。

理由③病気に気づかないままコンタクトレンズを使用し続けるのを防ぐため

医学的にコンタクトレンズを装用することが禁忌とされている疾患があります。
「前眼部の急性および亜急性炎症、眼感染症、ぶどう膜炎、角膜知覚低下、レンズ装用に問題となる程度のドライアイおよび涙器疾患眼瞼異常、レンズ装用に影響を与える程度のアレルギー疾患」などですが、これを診断できるのは眼科医師のみです。
これらの病気の中には、痛みなどですぐ症状に気付くものもありますが、生活習慣によっては、あるいは他の病気の影響で、症状が自覚しにくいものがあります。
また、目の病気があるのに気にせず放置されている例もあります。病気を放置したままコンタクトの装用を開始すると、病気がどんどん重くなって、失明など取り返しのつかないことになってしまいます。

理由④処方されたレンズが合わなかったときのリスクを減らすため

万が一処方されたレンズが合わなかった場合、我慢して使い続けしまうと眼精疲労や頭痛を起こしたり、レンズの種類によっては角膜炎結膜炎といった眼障害を引き起こす原因になります。
そのため、保証制度のしっかりしているコンタクトレンズ販売店に隣接している眼科で診察を受ける必要があります。保証制度がしっかりしているコンタクトレンズ販売店であれば、処方されたレンズが合わなかった場合でも返品・交換ができます。さらに、その時使用したレンズの何が問題だったのか、目にどんな問題が起こっているのか明確にした上でその都度適切なレンズを提案してもらえます。

Jコンタクトには、各店舗それぞれに隣接した眼科(新宿店隣接眼科池袋店隣接眼科)がございます。初めてのコンタクトレンズ装用、目の健康を維持するための定期検診、コンタクトレンズトラブル、ちょっとしたお悩みなど、親切・丁寧な対応をしてもらえます。

Jコンタクトでは、全世界の眼科医療機関発行の処方箋を受け付けております。

当店では、安心・安全にコンタクトレンズのご使用を続けられるよう、定期的な眼科受診(目の定期検査)もお勧めしております。

■コンタクトレンズや眼に関する事 に戻る■